手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので チンジャオ娘最新作!無料ネタバレ

チンジャオ娘最新作
日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」発売!


【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「日に焼けるまで」で検索すると読めます。


赤身の肉を食べると呪われる森がニィーニの森。

この森には「満月に願えば湖の妖精が願いを叶えてくれる」という言い伝えがあります。

そして、様々な種族が平和に暮らしている森。

この漫画には、ニィーニの森の生き物たちの複数のお話が入っています。

カエルとうさぎ(本当の姿は豚)の、ほのぼのするお話
ウルフと恋多きネコ科のココの切ないお話
カブトムシのギロとハンセンのお話
ウサギ一族の血を引く人間オーウェンとウサギのタドタのお話

それぞれのお話は全て繋がりがあって、大きなテーマが描かれています。
種族・性別関係なく命は尊いということ、命の摂理や、憎しみと争いについて。

とても切なく感動できる漫画で、BLという枠ではくくれない名作。

一般的なラブストーリーを求めている方には向きませんね。
逆に、BLに興味がない人にもおすすめできる漫画です。

もう、男とか女とか人間だとか動物だとか、そんなの関係ないってお話ですから。命はみな平等で大切だ!という内容ですし。

最初よりも、2度め・3度めと読んだほうが感動!

特に、ウルフのお話は号泣しました。
妖精に願いをかけて人間の身体になった年老いたウルフが、猫科のココに無償の愛を捧げるお話ですね。

ココのために仲間と離れてニィーニの森に住み、ココのために1日でも多く生きようとするウルフ。
ココもまた、次々と恋をしていてもやっぱり一番信頼しているのはウルフでしたが、自然の摂理に逆らうことはできません。

妙にリアルにも思えて、泣けます。
あ〜私たちも同じように家族を思っていくのだなと思ったり、ウルフのように無償の愛を捧げられるだろうかと思ったり。

とても素晴らしい作品なので、是非読んでみてください。

 

詳しいネタバレ記事はこちら

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

チンジャオ娘最新作「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」発売!

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「日に焼けるまで」で検索すると読めます。


関連記事

関連記事がありません。